いつまでもチャレンジ!

スポーツ

posted by admin

常滑のアイアンマンの大会を見ました。
泳いで、自転車、そして走る、あの大会です。
自分にはとても出来ない事に、チャレンジしている人たちを見たいと
って行きました。
朝は薄曇りの天気で、そう暑くなく観戦日和です。
 
 調べると「アイアンマンレース」はWTC(world Triathlon Corpora-
tion)が定めた商標登録だそうで、大きく言うとトライアスロンです。
知名度が高いので、世界各地で開催されるようです。
「アイアンマンシリーズ」はスイム3.8km、バイク180km、ラン42.195km
(フルマラソン)。
「アイアンマン70.3」はその半分の1.9km、90km、20.0975kmで、「ハ
ーフアイアンマン」とも呼び、合計70.3マイル走るので、この名前が付い
たとの事。
 
 今回はその70.3です。
1,500人以上の参加者。
正式には「アイアンマン70.3セントレア常滑(とこなめ)ジャパン」。
名古屋南部・常滑沖に出来た中部国際空港の通称(愛称?)をセ
トレアと言いますから、この大業(たいぎょう)なネーミングになったと思
います。
半分と言っても、25mプールを38回分を往復して約2キロを泳いで、
屋から京都までの距離を自転車で駆けて、それから名古屋-安
(名古屋市の衛星都市)間相当20キロ以上を走るなど、私には
とんでもない事です。
それも一日で。
 
 知多半島にある焼き物の町・常滑市内全域を縦横無尽に使っての
この技、「大業な」と書きましたが、中身の濃さを考慮すると、
でも何でもないかもしれません。
 
 東京の従弟(いとこ)はフルマラソンを時々走るようだし、仕入れ先の
営業担は毎日10キロをランニングしているとか。
それだけでもスゴイのに、天文学的な距離(?)を続けて走るなど、キチ
イ沙汰。
チャレンジしたとしても、最初のスイミングで挫折するだろうなぁ。
海水浴場のロープから勝手に外に出て、波の荒い沖で海水を飲んで
しまい、冷たい海流に慄(おのの)いて、パニックになりかけるようではね。
遠泳で2,3キロは泳いだ事はあるけれど平泳ぎ。
クロール、しかも海で・・・試した事もありません。
 
 強者(つわもの)は全部の行程を4時間位で完走するらしいです。
泳いで20分、自転車2時間半、走って1時間強というところでしょうか。
一般人として計算すると、スイムを時速4キロで30分、バイクの時速を
20キロ強として4時間、時速8キロで走って2時間半、合計7時間。
ロスする時間も入れて、7時間半くらいで走れても計測してもらえる限界
です。
 
 泳いで浜に上がり、自転車のある場所に駆け寄り、自転車に乗るま
でを、見られる所で待ち構えていました。
スタートして約20分で、最初のグループが上陸。
招待選手やプロでしょうが、すさまじい早さ。
続々と来るのは外国人、続いてようやく日本人選手。
やはりマッチョな身体してます。
 
 速い選手の自転車や装備は全然違う。
ヘルメットはエイリアンの頭か、平安時代の烏帽子(えぼし)のような後ろ
にニョキっと長い物。
タイアのスポークはなくて、一枚の皿の形。
フレームの断面は、おそらく円ではないですね。
ストローを潰した楕円形。
カーボン繊維か何かで作られているのでしょう。
ヘルメットやフレームは風の抵抗が少なくなるのは分かりますが、あのデ
ィッシュ形のタイアは、横から風を受けると操舵しにくいと思うのですが。
タイアも細いの、細くないのって。
驚く位軽くて、高価なんでしょうに。
ママチャリしか知らない私の認識不足でしょうが、時代は変わったものです。
 
 そう言えば、駐車場で見かけた東京ナンバーの小型アウディのオジサン
は、り畳みの自転車でしたよ。
(それも、外でスッポンポンになって着替える物だから、隣に停めようとしてい
た女性はビックリ。)
レース用でも折り畳みがあるのかもしれませんが、ロ用ではないはず。
車のサイズを考慮してでしょうか、折り畳み自転車で走る姿は可愛らしい
気がします。
 
 バイクコースの30キロほど走った場所に移動しました。
登りでカーブの手前。
待つ事20分、先頭が走って来ました。
やはり外国人2名。
目が合ってしまいました。
涼やかな目でした。
それから待つ事15分、ようやく3位以下がやって来ました。
ウエアはプロ、アマ関係なくピッチリした派手め。
機能優先ですが、あれも美的センスで違って来ますね。
腕にゼッケンナンバー、太ももにプロや年代を表すカテゴリーが書かれていま
す。
かっこいい!
 
 時間を追うごとに、続々とやって来ます。
皆さん、上り坂を頑張って漕いでいます。
沿道に人たちも、手をたたき、「頑張れ!」と声援を送ります。
あの長い距離を走り抜けて来たかと思うと、思わず大きな声で応援したくな
ってしまいます。
通り過ぎる人全員に、声掛けをしようと決めました。
禁欲的にも映る、前だけ見つめる人、黙々と漕ぐ人、きつさにひたすら耐えて
いる人、笑顔で応える人、頭をぴょこんと下げる人と様々です。
自分だったら、集中が途切れるから声を掛けないでくれと思うかもしれまん。
「ありがとう!」、「ありがとうございます!」や「イエィ!」と応えてくれる人も大
勢いて、こちらも嬉しくなります。
同時に、「大変なんだから、答えんでもいいのに」とも思います。
でも応えてくれると、次の人に一段と大きな声で励ましてしまうんです。
200から300台が通り過ぎるのを見たと思います。
 
 午後からランニングを見ました。
ゴールの3キロくらい手前の堤防。
近くの人に尋ねたら、もう100人は通過したとの事。
スタートに時間差があって、なおかつリレーで走っている人もいるので、一概
には言えませんが、全コースを走り、このまま順調にゴールしたとすると、5時
間半くらいの人たちです。
懸命に走っています。
ひたすらゴールに向かって走ります。
鍛えた身体が太陽にさらされて輝いています。 
豆絞りのはちまきをした人がいて、現代風のランニング・ウエアとのギャップが
印象的。
「はちまきぃ!いいぞ!頑張れ!」と声を掛けました。
薄いブルーの水玉模様のウエアの男性選手もいて、カルピスの包装を連想。
いかつい身体に、可愛い柄も好印象でした。
自転車の時には気付かなかった女性も数人を発見。
大したものです。
  
 やはり余裕がある表情は少ない。
こちらの声援も大きくなります。
もう自分も走っているつもり。
走る姿もぎこちなく、今にも壊れてしまいそうな格好で走っている人も。
それでも応えてくれる人もいます。
笑顔の人もいます。
手を上げて応える人が多いのも意外です。
「偉いなぁ」と心底、思いました。
 
 大会結果をネットで見るとリレーは別として、1位、2位は外国人選手、あの
時に目があった人です。
タイムは4時間3分代。
もちろんプロでした。
1位と2位との差はわずか2秒。
4位に、プロではない日本人がで4時間18分。
10位まで外人が6名。
20位までは10人が外国人。
31位にプロではない沖縄の日本女性がいました。
4時間37分。
42位に香港の女性で、4時間41分。
計測した中位の600位のタイムは5時間53分。
計測最後は1273位の7時間54分。
完走者の最後は1535位、女性で60代。
本当に立派です。
 
 若かったら、チャレンジしてみたかった。
沿道観戦の隣の人に話していたら、経験者で、あの達成感がたまらないと言っ
いました。
精神と肉体を鍛えて、他人との、そして自分との戦いです。
努力をしても、そう簡単には報われない。
それが現実です。
でも走るのです。
辛くても、楽しくても走るのです。
 
 今回、感じたのは応援する方が励まされるという事です。
実は自分自身に声援を送っているのかもしれません。
色々あるけど、行きたい所に、とにかく行こう!
ああだ、こうだと、あまり考えずに行こう!
大きな声を出して、元気になって帰宅しました。 



           
                                           

ブログ検索

最近付けられたコメント

  • コメントはありません。

カレンダー

<< 2017年 12月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31