人それぞれの食

posted by admin


以前に、焦げ加減の牛肉のしぐれ煮が好きなことを書きました。
好きになってしまったのは、幼い時の母の料理下手から焦(こ)がしてしまう事が多く、
それがいつの間にか、懐かしい味に変わってしまったことも。
だから、ご飯のお焦げも中華料理のお焦げも大好きになってしまいました。
香ばしい匂いと少し固い歯ごたえがたまらないのです。
 
 お餅は必ず焼いたもの、それもちょっと黒く焦げ目があるものが良いです。
軟らかいだけの餅は頼りなくて。
大阪の雑煮は焼いて入れますから、好きになったのはその影響も大きいと思います。
もちろん卵焼きも焦げ目が付いたの、油揚げもそうです。
だし巻たまごは好きですが、軟らかすぎてオムレツみたいで・・・。
ですから目玉焼きは半熟ではなくて、裏返して両面が焦げ目が付くまで焼いてもらう
「ホットケーキ焼き」。
ステーキはウェルダン、切ると血がにじみ出て来るのは、かえって苦手です。
特にトースト。
きつね色がもう少し焼けて、少し茶色になっている、言わば「たぬき色」が最高。
表面と耳、そして中身までがサクッとしていているのが堪(こた)えられません。
ふわっとした高級食パンは不向き。
イギリス風の小さく薄い食パンが最適です。
 
 折角の本当に美味しいタイミングをわざわざ遅くして・・・と言われます。
こんな変わった嗜好は私だけと思っていたら、いつも行く床屋さんのご主人は面白い
飲み方をするらしく、笑ってしまいました。
飲み物は「チンチコチンにして」・・・チンチンの高温がいいと言うのです。
日本酒の燗(かん)が好きで、沸騰寸前のをフーフーして飲むとの事。
フーフーするくらいなら、ぬるい方が・・・と思いますし、アルコール分も飛んでしまうの
では。
寿司屋さんに行っても、ぬるかったら、電子レンジでもう一度チンして貰うとか。
コーヒーもそうで、喫茶店でぬるいのが出て来ると、そこでは言う訳にはいかず、
するそうですが気に入らない様子です。
自宅ではコーヒーを電子レンジで、2分半が沸騰する少し手前で、それがいいんだ
と満足げに言っていました。
家で抹茶を飲む時も、抹茶茶碗に熱々のお湯をなみなみと注いで、がぶがぶと飲
むのがよろしい様で。
和菓子を少しずつ頂きながらでも、茶碗を愛(め)でながらでもなさそうです。
 
 逆にビールは冷えていないのが好きらしく、店で「冷蔵庫に入っているのと、外に
してあるのチョ(ちょうだい)」と注文付けて、混ぜて飲むらしいです。
冷たいビールを飲むとお腹を壊すらしく、こんな可笑しな注文をしているそうです。
男はお腹が弱い人が意外に多くて、いかついオジサンがそんな事を言うのは、可愛い
です。
 
 旅行先のバスガイドさんが言っていたのを思い出しました。
関東、東海地方では肉まん、関西では豚まんと呼ぶ食べ物。
これを関西ではからしを付けて食べます。
中華料理のシュウマイの延長線上に、その存在を認めるのでしょうか。
山口県や広島県の人は酢醤油で食べるらしく、聞いて驚きました。
餃子からの発想なんですね、きっと。
 
 息子は、お菓子のジャガリコにお湯を注いで食べると美味いと言っていました。
原形が無くなって、マッシュポテトみたいなんですって。
何か気持ち良くないです。
牛丼屋さんに行くと、具にキムチを入れて混ぜます。
これにも違和感があります。
 
 母はハンバーガーが気持ち悪いと言って食べません。
パンとハンバーグは全く別の食べ物で、それを一緒にする事に抵抗があるようです。
かつ丼や牛丼は食べるのにねぇ。
世代間で、食べ物のあり方も違うことがよく分かります。
 
 大人になってから、もんじゃ焼きを初めて見た時は・・・なんとも形容し難い食べ物
だと思いました。
口に入れる物と言うより、出て来た物(失礼)と言う方が・・・。
でも食べると美味しくて。
焦げたもの好物の私にはぴったり。
 
 友人と行ったフィレンツェの有名レストランで出て来たリゾットを、友人は食べられま
した。
汁が殆どなくて、薄茶色のどろっとしたご飯。
それも具なし。
やはり、アレみたい。
それに粉チーズの匂いが強くて、私もちょっと気持ち悪かったですが、もったいなくて一
で食べました。
 
 嵐山光三郎が「文人悪食」で、執筆家の変な食べ方を記しています。
森鴎外の「饅頭茶漬け」。
ご飯の上にあんこ入り饅頭(まんじゅう)を乗せて、お茶を掛けるもの。
しることお茶漬けの両方が楽しめそうな、でも進んで食べたいとは思えません。
潔癖症の泉鏡花は、他人が触れた物がダメで、大根おろしを煮て食べたとか。
木村屋のあんぱん(銀座にある老舗のパン屋さんで、あんぱんを発明)を火であぶっ
てから、他人が触った部分はつまんで捨てたらしいです。
高校の恩師が言っておられた、10本の指にセロハンテープを巻いて授業を受けていた
生徒の話を思い出します。
机や椅子、他人が触ったものが不潔で我慢ならないのでしょう。
逆に鼻くそを机に塗りたくっていた同級生がいたと、家内が給(のたまわ)っておりました。
 
 どんどん話が尾籠(びろう)になって来ましたので、この辺りで筆を置きます。
人それぞれ、やはり好みが違っていて面白いと思います。
先ずは「頂きます」と、ありがたく思って食べたいですね。

« 前の記事

この投稿に付けられたコメント(0件)

ブログ検索

最近付けられたコメント

  • コメントはありません。

カレンダー

<< 2017年 6月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930